ページの先頭です

観光案内

[2008年3月6日]

ID:13

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

豊郷の風景

 

 

豊郷の風景

 

「江州音頭発祥の地」 “豊郷” その江州音頭で使われる扇」のように広がる「町の人々の交流の輪と夢」がテーマされる“豊栄のさと”をはじめ、豊郷の古くからの歴史がうかがえる数々の建造物をご覧下さい。

 

豊栄のさと

豊栄のさと

文化的機能と福祉・保険機能を備えた施設を合わせもつ創造力あふれる空間。

観音盆

江州音頭の由来

滋賀県をはじめ周辺都市では八月の盆踊りとして定着している。

八幡神社(那須城跡)と称名寺

八幡神社(那須城跡)と称名寺

石畑宗信が1239年(平安時代後期)に京都の岩清水八幡宮の応神天皇の分身を奉り建立しました。

日栄のさと

日栄のさと

日栄小学校の敷地に小学校と町立保育園、そしてデイサービスセンターの複合施設「日栄のさと」を建設致しました。

唯念寺(ゆいねんじ)

唯念寺(ゆいねんじ)

この書院の前庭は「皇園」と名づけ、行基が造った「行基の庭」とも呼ばれています。

先人を偲ぶ館

先人を偲ぶ館

先人の慈愛や遺徳を学び、次世代に生きる者の心の糧にしようとする施設です。

阿自岐(あじき)神社

阿自岐(あじき)神社

道路沿いに石灯籠がずらりと並び、それに沿って美しい庭園が続いています。

高野瀬(たかのせ)城跡

高野瀬(たかのせ)城跡

今の高野瀬城は、当時をわずかに偲ぶ城跡碑と城主が町づくりに、力をそそいだ天稚彦神社の伝説が残っているにすぎません。

天稚彦(あめわかひこ)神社

天稚彦(あめわかひこ)神社

佐々木京極氏の家臣であった高野瀬氏がこの地に城を構えた戦国時代、氏神を守護神と敬い、楽市を開いたと伝わります。

豊(ゆたか)会館

豊(ゆたか)会館

会館は、藤野家「又十屋敷」と呼ばれ、喜兵衛の本宅でした。現在は彼の偉大な業績を偲び、歴史資料館「豊会館」として開放されています。

千樹寺(せんじゅじ)

千樹寺(せんじゅじ)

本能寺の変で信長亡きすぐ後近江商人となった藤野喜兵衛の先祖、太郎右ェ門が寄金して再建したのです。

愛知(えち)神社

愛知(えち)神社

開化天皇の子孫、恵知王によって創建された神社です。

吉田城跡

吉田城跡

今の岡村酒造の酒蔵が並ぶ一角が「城屋敷」といわれ、城跡碑が建てられています。

常禅寺(じょうぜんじ)と八町城跡

常禅寺(じょうぜんじ)と八町城跡

常禅寺は、室町時代後期嵯峨天皇系列の赤田隼人正源隆が61歳に出家し創建し、後、曹洞宗となった禅寺です。

白山(はくさん)神社

白山(はくさん)神社

多賀大社には男神のイザナギノミコトが、祀られています。

伊藤忠兵衛の旧邸

伊藤忠兵衛の旧邸

伊藤忠兵衛の本家は、「見越しの松に黒い塀」が中山道に面して、ひときわ目をひきます。

くれない園

くれない園

丸紅関係者で結成した酬徳会が初代の功績を偲んで昭和10年に築造したものです。

組織内ジャンル

産業建設部門産業振興課

お問い合わせ

豊郷町役場産業建設部門産業振興課

電話: 0749-35-8114

ファックス: 0749-35-5270

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


観光案内への別ルート

Copyright (C)toyosatochou All Rights Reserved.
スマートフォン版ページへ