ページの先頭です

新たな和の時代へ(令和元年6月1日)

[2019年6月1日]

ID:1481

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


 木々の緑が目にしみる今日この頃、町民の皆さまにはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。日頃は、本町の行政運営に格別のご理解とご協力をいただきまして、心より厚くお礼申し上げます。
 このたび、皆さまの温かいご支援とご支持を賜り、4期目の町政運営を担わせていただくことになりました。皆さまの期待、想いをしっかりと受け止め、重責を果たせるよう、全力で取り組む決意を強くいたしております。

 さて、5月から令和時代がスタートしました。「令和」とは万葉集から引用されたもので、国民一人ひとりが明日への希望の花を大きく咲かせられるようにと願いが込められているそうです。
本町におきましても、新時代の幕開けとともに10年間のまちづくりの基本方針である「第5次豊郷町総合計画~一生青春 みんなで安心 元気なまち~」をスタートしたところでございます。本計画のスローガンであります「一生青春」は「豊郷町の将来を描くワークショップ」に参加いただいた中学2年生の発案によるものです。その他にも各方面の学識経験の皆さまをはじめ、様々な団体の代表の方にご協力いただき策定にいたりました。本計画を基に子どもから高齢者までがいきいきと元気に明るく、青春のごとく暮らしていけるようなまちづくりを進めてまいります。
 その1年目となる令和元年度の当初予算としましては、一般会計が45億円で対年度比の伸び率は15.6%となっています。主要施策としましては昨年度に引き続き、高校世代までの医療費の無料化や、集団検診(国保特定健診、がん検診、結核検診、骨粗しょう症)の受診料無料化、小中学校の給食費の無償化などを実施していきます。
 これらに加え、いつ起こるかもしれない災害に備え、各指定避難所における備蓄倉庫の整備や災害時に拠点となる役場庁舎の耐震化に向けた改修など防災体制の強化を進めていく所存です。庁舎の改修につきましては、仮庁舎をつくらない方法で予算を抑え、公共サービスのみならず、人が集う拠点となるようなまちづくりを実施します。その他には老朽化に伴う歌詰橋の改修、住民生活に密着した町道路整備など、各種インフラ事業も実施し、町民の皆さまが日々安心・安全で暮らしていけるよう事業を推進してまいります。
  さらに豊郷小学校旧校舎群など地域資源を活用した観光振興とともに、ふるさと納税返礼品事業などをとおして町の魅力を全国へと発信していきます。

 地方財政を取り巻く状況が依然として厳しい中ではありますが、長い歴史をしっかり見据えて、持続可能な行政運営に努めてまいります。

 結びに、令和の時代に併せ気持ちを新たに全職員が一丸となり、これまでにも増して、町民目線できめ細やかな行政サービスを推進してまいります。そして3期12年間の間に養いました知恵や経験、人と人との輪を町政運営の原点として、皆さまとともに「一歩先行く豊郷町」を築きあげてまいりたいと思います。今後とも町民の皆さまのご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                                           豊郷町長 伊藤定勉


 

                                                            

組織内ジャンル

総務企画部門企画振興課

お問い合わせ

豊郷町役場総務企画部門企画振興課

電話: 0749-35-8112

ファックス: 0749-35-4575

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


新たな和の時代へ(令和元年6月1日)への別ルート

Copyright (C)toyosatochou All Rights Reserved.
スマートフォン版ページへ