ページの先頭です

平成20年度決算に基づく財政健全化判断比率および資金不足比率について

[2009年9月11日]

ID:298

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条および第22条の規定に基づき、平成20年度決算に基づく財政健全化判断比率および資金不足比率を算定しましたので公表します。

財政健全化判断比率

実質赤字比率 - (早期健全化基準 15.00、財政再生基準 20.00)
連結実質赤字比率 - (早期健全化基準 20.00、財政再生基準 40.00)
実質公債費比率 9.3 (早期健全化基準 25.0、財政再生基準 35.0)
将来負担比率 - (早期健全化基準 350.0)

前年度の各数値についてはこちら

資金不足比率

簡易水道事業 -
下水道事業 -

実質赤字比率とは

一般会計等(一般会計および住宅新築資金貸付事業特別会計)の実質赤字額の標準財政規模に対する比率

連結実質赤字比率とは

全会計を対象とした実質赤字額の標準財政規模に対する比率

実質公債費比率とは

一般会計等が負担する地方債元利償還金および準元利償還金の標準財政規模に対する比率

将来負担比率とは

一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率

資金不足比率とは

公営企業会計ごとに資金不足がどの程度生じているかを表す比率

財政健全化判断比率および資金不足比率

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

豊郷町役場総務企画部門総務課

電話: 0749-35-8111

ファックス: 0749-35-4575

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


平成20年度決算に基づく財政健全化判断比率および資金不足比率についてへの別ルート

Copyright (C)toyosatochou All Rights Reserved.
スマートフォン版ページへ