ページの先頭です

生命保険料控除の改正について

[2012年11月17日]

ID:736

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 平成22年度の税制改正により、平成25年度の住民税・所得税における生命保険料控除が見
直しされました。
 今回の改正では、平成24年1月1日以後に締結した保険契約(新契約)について、従来の
一般生命保険料控除と個人年金保険料控除に、介護医療保険料控除が新設され、それぞれの保
険料控除の適用限度額が住民税2万8千円、所得税4万円へと変更されました。また、生命保
険料控除の合計適用限度額が住民税7万円に変更はありませんが、所得税の合計適用限度額が
12万円に増額されました。
 ただし、平成23年12月31日以前に締結した保険契約(旧契約)については、従前の一般
生命保険料控除及び個人年金保険料控除の適用限度額は、それぞれ住民税3万5千円、所得税
5万円がそのまま適用されます。

●計算方法

(1)平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る控除(新契約)

 (1)平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る控除(新契約)
 住民税の生命保険料控除額所得税の生命保険料控除額
区分年間払込保険料額控除される金額年間払込保険料額控除される金額
  【新契約】


一般生命保険料


介護医療保険料


個人年金保険料
12,000円以下払込保険料全額20,000円以下払込保険料全額
 12,000円超
32,000円以下
(払込保険料×1/2)
  十6,000円
 20,000円超
40,000円以下
(払込保険料×1/2)
  十10,000円
 32,000円超
56.000円以下
(払込保険料×1/4)
  十14,000円
 40,000円超
80,000円以下
(払込保険料×1/4)
  十20,000円
56.000円超一律28,000円80,000円超一律40.000円
それぞれの控除の適用限度額は住民税28,000円,所得税40,000円,3つの控除を合計した適
用限度額は住民税70,000円,所得税120,000円です。

(2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る控除(旧契約)

 (2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る控除(旧契約)
 住民税の生命保険料控除額所得税の生命保険料控除額
区分年間払込保険料額控除される金額年間払込保険料額控除される金額

  【旧契約】


一般生命保険料


個人年金保険料
15.000円以下15,000円以下25,000円以下払込保険料全額
 15,000円超
40,000円以下
 15,000円超
40,000円以下
 25.000円超
50,000円以下
(払込保険料×1/2)
  十12,500円
 40.000円超
70,000円以下
 40,000円超
70.000円以下
 50.000円超
100,000円以下
(払込保険料×1/4)
  十25.000円
70,000円超70,000円超100,000円超一律50,000円

それぞれの控除の適用限度額は住民税35,000円、所得税50,000円2つの控除を合計した適用
限度額は住民税70,000円、所得税100,000円です。

(3)新契約と旧契約の双方の保険料控除の適用を受ける場合の控除

 (1)及び(2)にかかわらず、一般生命保険料控除または個人年金保険料控除の控除額はそ
れぞれ次に掲げる金額の合計額(適用限度額住民税28,000円、所得税40,000円)となります。
1新契約の支払保険料等について、(1)の計算式により計算した金額
2旧契約の支払保険料等について、(2)の計算式により計算した金額

組織内ジャンル

総務企画部門税務課

お問い合わせ

豊郷町役場総務企画部門税務課

電話: 0749-35-8119

ファックス: 0749-35-4588

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


Copyright (C)toyosatochou All Rights Reserved.
スマートフォン版ページへ