ページの先頭です

ごあいさつ(令和2年5月8日)

[2020年5月8日]

ID:1481

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


 若葉青葉のさわやかな季節となりました。日頃は、本町の行政運営に格別のご理解とご支援を賜り、心より厚くお礼申し上げます。
 


まず初めに、今般の新型コロナウイルスの対応について、町民の皆様の多大なご協力をいただいていますことに、この場をお借りして感謝申し上げます。
 本町におきましては、町民の皆様の安心と安全の確保に万全を期すため、これまで小中学校の休校を始め町主催イベントの中止や施設等の休館・利用休止など感染拡大防止に努めてまいりました。一連の対応によりましてご不便やご不安に感じられていると思いますが、安全を第一に考え、引き続き関係機関とも連携を取りながらできる限りの対応を行ってまいります。
町民の皆様には今一度、身近なところに感染リスクが潜んでいることを十分ご認識いただき、ご自分とご家族などの大切な人を守るため、感染症の予防対策にご協力いただきますよう改めて強くお願いいたします。
 

さて、4月から新体制の下、令和2年度がスタートいたしました。本年度は、まちづくりの指針となる﹁第5次豊郷町総合計画﹂が2年目を迎え、本町の将来像である﹁一生青春 みんなで安心元気なまち﹂の実現に向け、各種取り組みを進めているところです。積極的な事業展開を行うべく、編成しました令和2年度一般会計予算の総額は49億5,200万円となり、前年度に比べて4億5,200万円、率にして10パーセントの増となっています。
 

目玉となる新規事業については、庁舎の建て替え整備事業、文部科学省が掲げる小中学校へのタブレット端末導入などのGIGAスクール構想事業、聴力機能の低下がある方に対して生活支援や社会参加の促進を図る補聴器購入助成事業、防災意識の啓発と被害の軽減を目的とした防災マップの作製事業、温室効果ガスの削減を図るカーボンマネジメント強化事業等を盛り込んだところです。
 

災害時に拠点となる役場庁舎の建て替えについては、仮庁舎を建てない方法で予算を抑え、2022年3月末の完成を目指して今年度より建設工事に取り掛かる予定です。災害発生直後から災害対策活動の拠点施設として機能できるよう、耐震化と利便性に配慮した整備を進めてまいります。
小中学校のGIGAスクール構想事業につきまして、近年、インターネットやスマートフォンなどの急速な発展により、子どもたちを取り巻く社会環境は刻々と変化しています。そのために誰一人取り残すことなく、多様な子どもたちに個別最適化された、ICT教育の整備が求められています。本町においても児童生徒が一人一台学習用タブレット端末を使用して学べるよう配備するとともに、高速大容量の校内通信ネットワークを整備し、時代の変化に対応する資質・能力を育んでまいります。
 
そのほかにも、昨年度に引き続き、子育て支援や医療福祉施策、産業振興施策などに取り組
み、町民の皆様が日々、安心・安全に暮らしていけるよう行政運営に取り組んでまいります。

 
豊郷町を取り巻く環境が移ろいゆくなか、限りある財源を有効に活用し、町民や地域・事業者の皆様とともに、本町の限りない発展と町民福祉の更なる増進に全力で取り組んでまいります。引き続き町民の皆様の温かいご理解とご支援を賜りますようお願いいたします。


                                                           豊郷町長 伊藤定勉


 

                                                            

組織内ジャンル

総務企画部門企画振興課

お問い合わせ

豊郷町役場総務企画部門企画振興課

電話: 0749-35-8112

ファックス: 0749-35-4575

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


Copyright (C)toyosatochou All Rights Reserved.
スマートフォン版ページへ