ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    令和4年度補正予算・令和5年度当初予算に係る各事業要望調査の実施について

    • [公開日:2023年1月20日]
    • [更新日:2023年1月20日]
    • ID:3076

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    事業内容

     令和4年度国の補正予算の成立および、令和5年度国当初予算案の閣議決定されたことを踏まえ、「畑地化促進事業」・「畑作物産地形成促進事業」、「コメ新市場開拓等促進事業」の要望調査を実施します。

     本事業の活用を希望される方は、下記農業者向けパンフレットをご確認ください。


    1 交付対象者

     水田活用の直接支払交付金の交付対象水田において対象作物を生産する販売農家・集落営農等

    2 補助内容

     (1)畑地化促進事業

     【概 要】

     水田を畑地化して畑作物の本作化に取り組む農業者に対して、生産が安定するまでの一定期間、継続的に支援(伴走支援)を行うとともに、畑作物の産地づくりに取り組む地域を対象に、関係者間での調整や畑地化に伴う費用負担(土地改良区の地区除外決済金等)等に要する経費を支援します。

     【対象作物】

     高収益作物(野菜、果樹、花き等)・畑作物(麦、大豆、飼料作物(牧草等)、子実用とうもろこし、そば等)

     【支援内容】

    (1)畑地化支援…水田を畑地化して、ア.高収益作物 イ.畑作物(高収益作物以外)の本作化に取り組む農業者を支援 

    (2)定着促進支援…

      ア 高収益作物:水田を畑地化して、定着等に取り組む農業者を5年間継続的に支援

        イ 畑作物(高収益作物以外):水田を畑地化して、麦、大豆、飼料用作物(牧草等)、子実用とうもろこし、そば等の定着等に取り組む農業者を5年間継続的に支援

    (3)土地改良区決済金等支援…令和5年度に畑地化に取り組むことを約束した農業者に対して、畑地化に伴い土地改良区に支払う必要が生じる経費(地区除外決済金や協力金)を支援 


     (2)畑作物産地形成促進事業

     【概 要】水田における畑作物の導入・定着により、水田農業を需要拡大が期待される畑作物を生産する農業者へと転換するため、実需者との結びつきの下で、麦・大豆、高収益作物、子実用とうもろこし等の低コスト生産等に取り組む生産者を支援します。

     【対象作物】

     令和5年産の麦・大豆、高収益作物(加工、業務用野菜)、子実用とうもろこし

     【支援内容】

     作物ごとに定める低コスト生産などの取り組みを3つ以上取り組んだ場合、その取り組み面積に応じて支援。また令和6年度に畑地化に取り組む場合、加算措置あり。


     (3)コメ新市場開拓等促進事業

     【概 要】需要拡大が期待される作物を生産する農業へと転換するため、実需者との結び付きの下で、新市場開拓用米、加工用米、米粉用米(パン・めん用の専用品種)の低コスト生産等に取り組む生産者を支援します。

     【対象作物】

     令和5年産の新市場開拓用米、加工用米、米粉用米(パン・めん用の専用品種)

     【支援内容】作物ごとに定める低コスト生産などの取り組みを3つ以上取り組んだ場合、その取り組み面積に応じて支援。


     その他、各支援の交付単価・交付要件は、農林水産省作成のパンフレット等をご確認ください。


    3 申請期限

     令和5年2月6日(月)

    4 提出書類

     ・畑地化促進事業… 役場へ1月末までにご連絡ください。

     ・畑作物産地形成促進事業…取組計画書様式(畑作物産地形成促進事業)

     ・コメ新市場開拓等促進事業…取組計画書様式(コメ新市場開拓等促進事業)


     様式は下部からダウンロードできます。

    お問い合わせ

    豊郷町役場産業振興課

    電話: 0749-35-8114

    ファックス: 0749-35-4575

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム