ページの先頭です

【高額療養費】

[2021年5月24日]

ID:422

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国保の給付

3.高額療養費

 医療機関で支払った一部負担金が高額になった場合には、申請により自己負担限度額を超えた金額を高額療養費として支給します。以下のものをお持ちのうえ、医療保険課の窓口で申請してください。

(持参いただくもの)

・国民健康保険被保険者証

・振込先のわかるもの(金融機関の通帳等)

 (1)自己負担限度額(70歳未満の方)

自己負担限度額(月額)
適用区分 所得区分 自己負担限度額(月額)
所得901万円超

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

<多数回該当:140,100円>

所得600万円超
~901万円以下

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

<多数回該当:93,000円>

所得210万円超
~600万円以下

80,100円+(総医療費-267,000円)1%

<多数回該当:44,400円>

所得210万円以下

57,600円

<多数回該当:44,400円>

住民税非課税※

35,400円

<多数回該当:24,600円>

※   住民税非課税世帯とは、同一世帯の世帯主および全ての国民健康保険被保険者が住民税非課税の世帯です。
※   多数回該当とは過去12か月以内に、同じ世帯で3回以上自己負担限度額の上限に達している場合を指します。この場合、4回目からは自己負担限度額が軽減されます。

 (2)自己負担限度額(70歳以上の方(後期高齢者医療制度対象者を除く))

平成30年8月から
所得区分 外来
(個人単位)
外来+入院
(世帯単位)
現役並み所得者Ⅲ
課税標準額690万円超
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
    <多数回該当140,100円>
現役並み所得者Ⅱ
課税標準額380万円超
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
<多数回該当93,000円>
現役並み所得者Ⅰ
課税標準額145万円超
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
<多数回該当44,400円>
一般 18,000円
(年間144,000円上限)※3
57,600円
<多数回該当44,400円>
住民税
非課税
Ⅱ※1 8,000円 24,600円
Ⅰ※2 15,000円

※1 同一世帯の世帯主および全ての国保被保険者が住民税非課税の方
※2 同一世帯の世帯主および全ての国保被保険者が住民税非課税の世帯で、世帯主および全ての国保被保険者の所得が一定基準に満たない方
※3 年間とは、毎年8月から翌年7月までの期間となります。
※   多数回該当とは過去12か月以内に、同じ世帯で3回以上自己負担限度額の上限に達している場合を指します。この場合、4回目からは自己負担限度額が軽減されます。

(3)同じ国保世帯内で合算して自己負担限度額を超えたとき

 ひとり(1回)の窓口負担では高額療養費の支給対象外であっても、複数の受診や同一世帯で他の国保被保険者の受診があった場合、それぞれの自己負担額を1月単位で合算することができます。その合算額が一定額を超えた場合、高額療養費の申請ができます。


・70歳未満の方どうしで合算する場合

 同じ国保世帯内で同じ月内に、21,000円以上の一部負担金を医療機関等の窓口で2回以上支払い、その合算額が70歳未満の方の自己負担限度額を超えた場合、その差額を支給します。


・70歳以上の方(後期高齢者医療制度対象者を除く)どうしで合算する場合

 同じ国保世帯内で同じ月内に支払った自己負担額が合算の対象となります。その合算額が70歳以上の方(後期高齢者医療制度対象者を除く)の自己負担限度額を超えた場合、その差額を支給します。

 ①外来の自己負担額を個人ごとに合算し、外来(個人単位)の自己負担限度額を超える金額をそれぞれ算出

 ②入院分の自己負担額と、①によってもなお残る自己負担額とを合算し、入院+外来(世帯単位)の自己負担限度額を超える金額を算出

 ①・②で算出した金額の合計が支給対象額となります。


・70歳未満と70歳以上の方(後期高齢者医療制度対象者を除く)を合算する場合

 70歳以上と70歳未満に分け、以下の手順で計算します。

 ①70歳以上の方の外来の自己負担額を個人ごとに合算し、70歳以上の方の外来(個人単位)の自己負担限度額を超える金額をそれぞれ算出

 ②70歳以上の方の入院分の自己負担額と、①によってもなお残る自己負担額とを合算し、70歳以上の方の入院+外来(世帯単位)の自己負担限度額を超える金額を算出

 ③70歳未満の方の自己負担額と、②によってもなお残る自己負担額を合算し、70歳未満の方の自己負担限度額を超える金額を算出

 ①~③で算出した金額の合計が支給対象額となります。

(4)自己負担額の計算上の注意点

・月の1日から月末までの1月の診療ごとに計算します。

・保険がきかない差額ベッド代や、入院時食事療養費にかかる標準負担額等は支給対象外です。

・ひとつの病院や診療所ごとに計算します。

・ひとつの病院や診療所でも、外来と入院、医科と歯科は別計算です。

・院外処方で調剤を受けたときは、処方せんを出された医科(歯科)の一部負担金と合算します。

組織内ジャンル

保健福祉部門医療保険課

お問い合わせ

豊郷町役場保健福祉部門医療保険課

電話: 0749-35-8117

ファックス: 0749-35-4588

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


【高額療養費】への別ルート

このコンテンツを見ている人はこんなコンテンツも見ています

Copyright (C)toyosatochou All Rights Reserved.
スマートフォン版ページへ