ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    定額減税しきれないと見込まれる方への給付金(調整給付金)

    • [公開日:2024年7月5日]
    • [更新日:2024年7月5日]
    • ID:3505

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    令和6年分所得税・令和6年度個人住民税において、定額減税しきれないと見込まれる方には、その差額分を給付します。
    なお、早期給付を実施するために、所得税分は本町で把握している令和5年分の所得状況等の情報を使用した推計値に基づき、給付額を算定します。
    その後、令和6年分の所得税額が確定した時点で当初の給付額に不足がある場合には、令和7年度に不足分を追加給付する予定です。

    支給対象となる方

    下記フローチャートでご確認ください。

    定額減税可能額

    所得税 3万円 × 減税対象人数

    住民税 1万円 × 減免対象人数

    ※減税対象人数とは、納税義務者本人、控除対象配偶者、扶養親族(16歳未満含む)の数
    ※国外に居住している配偶者および扶養親族については、減免対象人数に含みません

    給付額

    次の(1)と(2)を合計し、1万円単位に切り上げた額

    (1)所得税定額減税可能額 - 令和6年分推計所得税額

    (2)個人住民税定額減税可能額 - 令和6年度個人住民税所得割額

    モデルケース1 夫婦と子ども3人

    納税義務者本人、控除対象配偶者、子ども3人の5人世帯の場合

    所得税額39,500円
    個人住民税所得割額60,000円

    所得税定額減税可能額
    3万円 × 5人 = 15万円
    個人住民税定額減税可能額
    1万円 × 5人 = 5万円

    (ア)150,000円 - 39,500円 = 110,500円
    (イ)50,000円 - 60,000円 = -10,000円 (0円)

    (ア)+(イ)110,500円...給付額120,000円 ※1万円単位で切り上げ

    モデルケース2 70代夫婦

    納税義務者本人、控除対象配偶者の2人世帯の場合

    所得税額4,800円
    個人住民税所得割額12,000円

    所得税定額減税可能額
    3万円 × 2人 = 6万円
    個人住民税定額減税可能額
    1万円 × 2人 = 2万円

    (ア)60,000円 - 4,800円 = 55,200円
    (イ)20,000円 - 12,000円 = 8,000円

    (ア)+(イ)63,200円 ...給付額70,000円 ※1万円単位で切り上げ

    支給手続き

    給付対象者となる方には、豊郷町から確認書を送付いたします。
    確認書の記載内容をご確認のうえ、必要事項を記入して本人確認書類等の必要書類と一緒にご返送ください。
    発送時期は8月中を予定しています。詳細が決まりましたら、随時このホームページでもお知らせします。